机上の空想。

気の向くままに、楽しそうな方へ。

大型自動二輪教習*入校式の6年3ヵ月前

さて。大型自動二輪の教習の話を語る前に。

 

かつて、私の父はYAMAHAのセロー225を1年中爆走させる
オフ車ライダーでした。
40km程度離れた職場までもセロー、
300km離れた峠までもセロー、
娘と自宅の近所で遊ぶのもセロー。

私は3歳頃からずっと、父親の背中にしがみつき、
中学生くらいまでタンデムしていました。
セローをゆりかごにして育ってきたと言っても過言ではありません。
(…それは過言か?)

 

ということで、オートバイそのものには何の抵抗もありません。

 

実は母親も二輪免許を持っていたということも最近知り、
血筋か…とも、これが何かの縁というヤツか…とも思いました。

 

で。

 

二輪免許の取得に通おうと決心したのは2011年の2月。

そして、3月には車のAT限定免許を取得しました。

 

…うん。

 

自動車の教習に通っている間に思い立ったわけです。

 

車の免許はどうしても必要になるだろうから、
先に取っておきなさいということで、
とりあえず先に取得しました。

そして、卒業と同時に再入校して二輪車の教習も受けるつもりでした。

 

――つもりでした。

 

思い叶わず。というよりは、自ら断念。

 

若気の至りと言いますか
思春期の終わりかけと言いますか
とにかくあの頃は幼かったのです。

教習所の先生に恋をするという、
教習所マジックにまんまと落ちました。

 

f:id:registarist0248:20170628014516j:plain

路上教習で運転に慣れてきた頃に、趣味の話で意気投合。

「大きい」というコンプレックスを「そんなことない」と
認めてもらい、恋に落ちる音がした――

――数日後、彼女がいらっしゃることを知ったという。

 

しかもその方は四輪も二輪も教えているというツワモノ。
通い始めたら、必ず顔を合わせてしまうということです。

 

冷静に振り返ると、めっちゃあほですねー。

 

まあ、そんなこんなで勇気が出ず、
気付けば6年以上も経ってしまったわけです。

その間に暇な時期はたっっっっくさんあったのに。

 

ということで。

今、教習所に通っていて、
イケメンの教官に

心を奪われかけている
そこのお嬢さん。

 

それは教習所マジックです。

 

そこにいる教官が優しいのは、
私たちがお金を払っているお客様であって、
私たちとその時間一緒に居るのが彼のお仕事だから。

そこにいる教官がイケてるように見えるのは、
私たちが「習う」側で、
知らないことをたくさん教えてくれる
あたかも頼もしい殿方に見えるから。

 

最終教習の時間にその教官の予約に当たってみなさい。

終了後、少しだけ長居すれば、携帯を忙しく弄りながら
早足で我が身の前を通り過ぎていく彼がそこに。

帰り際の駐車場を見れば、モテ意識の高いヤンチャな車を乗り回している彼がそこに。

 

これは6年前のアホな女からの警告です。

 

無駄に心臓をドキドキさせるより、
心の保養だと思って、
そのひとときを楽しんでいきましょう。

 

という、ちょっと痛い(イタい)思い出。

 

そんな頃もあったのです。

 

Rist.

はじめまして

こんばんは。はじめまして。

りすと と申します。

f:id:registarist0248:20170628004840j:plain

戸籍上は、女です。

気持ちもまあまあ女です。

服装は、ラクなのが好きです。

ちなみにadidasのジャージは白派です。
白×金や白×黒、白×デニムを着てます。
メンズXOサイズです。

 

……お気づきの通り、かなり大柄です。
身長も体重も座高もあります。

 

趣味はドライブです。

どこまでも行きます。

軽自動車で9時間運転しっぱなしの経験済み。

 

ブログを始めたきっかけなんて、
特にありません。

 

何となくです。

 

そういえばこの度、大型自動二輪免許取得のため、
数年ぶりに自動車学校に通い始めました。

 

車は軽AT。所持免許もAT限定。

なのに、女でいきなり大型二輪MT。

 

担当教官を毎回困らせながらも、
それなりに頑張ってます。

いろいろやらかしたり、
書きたいことがたくさんあるので、
駄筆を散らかしていくことをご了承ください。

 

誰のお役にも立ちませんが、
どうぞよろしくお願い致します。

 

Rist.